ベビーシッター・家事代行なら|「マザーネット」をオススメ

こんにちは🌟シトリン🌟です。

仕事バタバタ・・・え、来週の会議って終わり時間を設定しないヤツ? ・・・じゃあ誰かに保育園・学童のお迎えと夕食をお願いしなくては・・・。って、誰!?

ワーママならしばしばありますよね。私は誰にもお願いできない時は、「マザーネット」というベビーシッター会社に依頼してきました。本当に頼りになります😂

病児保育、ベビーシッター、家事代行なら|マザーネット (mothernet.co.jp)

他にもいくつかのベビーシッター会社に依頼したことはあります。ですがやっぱり「マザーネット」さんです。オススメの理由は得にこの3つ。

  • 育児の合間に家事もやってくれる!
  • 社長さんをはじめ、スタッフの方々の雰囲気がすばらしい!
  • 病児保育も柔軟に対応してくれる!

ベビーシッター会社は費用が高いかも・・・と感じるかもしれません。職場からの助成もありますので、調べてください。私も「えらべる倶楽部」の助成チケットを使わせてもらっています。

目次

育児だけでなく家事もやってくれるベビーシッター会社

私がこちらにお願いしたきっかけは、育児だけでなく家事もやってくれるという点でした。

子どもが小さいと、お昼寝も結構長いですよね。その間に、ケアリストさん(ベビーシッターさんではなく、こう呼びます。)が洗濯や掃除、さらには調理までしてくださるのです!

くたくたのワーママにとっては涙、涙・・・。私もずいぶんあれこれお願いして、とても助けていただいています。

帰宅したら、家がきれいになっていて、子どももごきげんなのです。

社長さんやスタッフさんの言葉のすばらしさ

こちらには『キャリア&ファミリー』という機関誌があり、会員になると送ってもらえます。とても充実した内容で、ワーキンマザーとして自分を成長させるための情報が満載。

社長の上田恵理子さんの近況報告も掲載されています。私はいつもこれが楽しみ。ワーママの大先輩が日々お仕事とお子さん(二人のハンサムな息子さん)と、どう向きあっているのか、学ばせていただくことが多いです。

そんな社長さんの影響なのでしょう、スタッフの方々や家に来てくれるケアリストさんたちもすばらしいです。得に言葉の使い方に感銘を受けます。疲労困憊のママのことを思いやるというスタンスが会社全体を貫いていると感じるのです。

実は他のベビーシッター会社さんにお願いした時、香水の匂いが強くてネイルの派手な人、子どもを過剰に褒める人などがいらっしゃいました。

そうそう、ある会社のベビーシッターさんに「お母さんがいなくて子どもさんがかわいそうですね〜」とまで言われたことも。

「マザーネット」のケアリストさんは皆さん、いつも自然にこちらを思いやってくださるので、安心しています。

上田恵理子社長の著作ご紹介

社長の上田さんはご本も出版されています。大切な自分の子どもを預ける会社の社長さんがどんな方なのか、あらかじめ知っておくと安心ですよね。

働くママに効く心のビタミン』は上田さんがマザーネットを創業された経緯など、ずいぶん苦労されたことが隠すことなく書かれています。

上田さんは最初、会社勤めをされていました。当時は今よりも母親が子どもを外にあずけて働くことに逆風がふいていました。

子どもの生まれた月の都合で保育園にうまく入れなかったとき、役所の担当者から「仕事を続けるなら子どもを産む月をよく考えなさい」と言われショックをうけたそうです。マザーネットのサービスの一つに「保活サポート」があります。きっとこのような上田さんのご経験があるのだと思います。

そのなかで会社を辞めてベビーシッター業を始める決意をされたわけですが、まだ小さかった息子さんの言葉が背中を押しました。親子で成長するというモデルのようなお話で、とても印象的です。

病児保育も日本で初めて導入

2001年に日本で初めて病児保育を導入されたベビーシッター会社のようです。これもワーママには本当にありがたいサービスですね。

「子どもが熱を出した・・・、仕事どうする〜!?」

小さい子どものいるワーママの悩みのベスト3に入るのではないでしょうか。いつも急だし、病気の子どもも心配だし、こっちの仕事もどうすればいいの。親の心は千々に乱れます(;_:)。

私はいつも「マザーネット」に電話!急でも病気でもできるかぎりの対応をしてくださいます。

病児保育はこちらも病院に連れて行くなど事前準備は必要です。

病気が一段落した後も、「何かあったらマザーネットに連絡できるから」と思えることがありがたいです。私は特に子どもが小さいときに心の支えになってもらっていました。

まとめ

ベビーシッタ会社「マザーネット」さんの魅力についてご紹介しました。

  • 育児だけでなく家事もしてもらえて、時間が有効利用できます!
  • 社長さん・スタッフさんがステキで、信頼できます!
  • 病児保育も慣れていて、安心できます!

割引値段になるかもしれませんので、職場のベビーシッター助成もチェックしてくださいね。

病児保育、ベビーシッター、家事代行なら|マザーネット (mothernet.co.jp)

実は私はこれまでもっとお願いすればよかった・・・と思っています。ワンオペ育児の時期だったら週に3日とか。

そしたらママも、血圧あがったり人間ドックで心電図がひっかかったりしなかったかもしれないねえ。

あなたも自分を無理させず、可能な範囲でベビーシッターや家事代行をお願いしてみてくださいね。

🌟シトリン🌟でした。ではまた〜。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人って?

🌟シトリン🌟です 
大学教員&ワーママです。ロンドンの大学で修士号。
家族での海外赴任のとき親子で一緒に英語を学ぶ大切さを実感しました。
親子のつながりが深まり、お互いの英語力と日本語力もアップします。
ここでは私の経験や情報をお伝えしていきます!
子どものなかにはインターナショナルスクールの経験者もいます(中3で英検準一級)。日本でもしっかり小中大受験に邁進中。
英語と国語ができれば他の教科に時間をまわせて受験がラクになりますよ

お役に立てばうれしいです。どうぞよろしくお願いいたします。

目次
閉じる