怒らなくなったね・・・と子どもに言われた❣ オススメのメンタル方法2つ

こんにちは🌟シトリン🌟です。

いちばんカンの鋭い子どもに

「ママ最近、怒らなくなったよね・・・なんで〜😁」

と言われました。

この子には数年前に

「なんで私だけ、ママはキツイ言葉で話すの!?」

と詰め寄られたことがあります(・・;)

今おもえば、私はいつもカリカリしていました。フルタイム仕事とワンオペ育児。子どもみんな、そしてじぶん自身にも、ずいぶんイライラ・・・細かいこともアレコレうるさかったです。

そんな私が「怒らなくなった」とまで子どもに言われるように😍 どうしたらそうなれたのかと言えば、

  1. セドナメソッド
  2. 呼吸瞑想

私の経験からご紹介します❣ お役に立てば嬉しいです。

目次

自律神経やメンタルを見直し始める

じぶんが怒りっぽいなと思ったことはありませんか? 私はそうでした。仕事柄、怒ることが必要な場面もあり、家でもつい子どもを叱りつけるようになってしまいました。

アンガー・マネージメントについての本を数冊買って読んだこともあります。(ご関心あれば、日本アンガーマネジメント協会が参考になります。)実践にうつすまでに至りませんでした。じぶんの危機意識が弱かったのだと思います。

ですが血圧の問題が生じて、数字として出されると、がぜん危機意識が強まって、アラート状態に! まずは「自律神経」をなんとかせねば〜と切迫感が高まり、あれやこれや探しては、実際に行動するようになったのです。

心の調整を始めるために特にオススメしたい2つのこと

ここでは特に2つのことをオススメします。私が心を穏やかにするための実践を始めた時から、ずっと今も続けていることです。

1 セドナメソッド

セドナメソッドは心を軽く、前向きにしてくれるメンタルのトレーニング法のようなものです。1970年代のアメリカで生まれました。余命宣告されたレスター・レヴェンソンが自ら編み出し、実際に快活な人生を送りました。

心にたまったマイナスの記憶や不安をどんどん「解放」していくというのが基本です。ですから、いつでもどこでもできます。その効果で意欲的な人生を送ることができ、しかもなんだか幸運が舞い込むようになります。

ついネガティブなことを考えてしまいがちな時ってありますよね。それをいつも「解放」する心のクセ(=メンタルのトレーニング)の一つの方法です。

私も毎日、この本を読んで、辛い記憶や大きな不安を「解放」し続けました。セドナメソッドを知る前は、夜、寝る前にどんどんネガティブな思考が展開していたのですが、今は、ふんわりとした気分で眠りに入れるようになっています😍

2 呼吸瞑想

自律神経を安定させるには呼吸瞑想がとても有効です。

瞑想と言えば「マインドフルネス」が知られているのではないでしょうか。仏教と現代科学が融合。スティーブ・ジョブズ(アップル創業者)やビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者)も実践しているとか❣

私がまず関心をもったのは、コヒーレント法などと呼ばれている呼吸法💫 日本ではそれほどまだ知られていないような気がしますが、いくつか本があります。

『マインドフルネスを超えた呼吸法』がオススメです。著者の瑞谷毅さんはお医者さま。患者さんに実践してもらった効果について熱く語ってくださっています。やる気になりました。

私は実践のためにアプリを使っています。「Heart Rate + Coherence PRO」というアプリです。iPadでもうまく使えるのでとても気に入っています。今も毎朝の習慣としています。

まとめ

今では子どもに「怒らなくなったね」とまで言われるように😍

セドナメソッドと呼吸瞑想の継続がオススメです!セドナメソッドの基本書についてはこちら。呼吸瞑想のおすすめ本についてはこちらにどうぞ~。

ただ私はさらに心を模索する旅を続けました。他にも大きなトラブルを抱えていたので・・・。それについてはまたお話しますね。

🌟シトリン🌟でした。ではまた〜。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人って?

🌟シトリン🌟です 
大学教員&ワーママです。ロンドンの大学で修士号。
家族での海外赴任のとき親子で一緒に英語を学ぶ大切さを実感しました。
親子のつながりが深まり、お互いの英語力と日本語力もアップします。
ここでは私の経験や情報をお伝えしていきます!
子どものなかにはインターナショナルスクールの経験者もいます(中3で英検準一級)。日本でもしっかり小中大受験に邁進中。
英語と国語ができれば他の教科に時間をまわせて受験がラクになりますよ

お役に立てばうれしいです。どうぞよろしくお願いいたします。

目次
閉じる