中学受験の国語力アップに!SF小説のススメ|星新一の世界|親子で語るきっかけにも

こんにちは🌟シトリン🌟です。中学受験の国語って奥が深いですよね。日本文化や生き方を語る論説文や心の内面をぐいぐいえぐる小説について、あれこれ難しい質問が出されます。ウチの子、どこまで分かるのかしら・・・と親は不安に思うかもしれません。

中学受験の読解力をアップさせるのに星 新一(ほし しんいち)のSF小説がよい導入になります。シトリンの子たちも大好きでした。

星新一のSF小説はショートショートと呼ばれる短い短編小説で、子どもでも読みやすいです。しかもSFなので突拍子もない状況に主人公がはまり込んで、それからどうなる~?とドキドキして読み進められます。最後には、えっ・・・というオチがきます。

ですから星新一の小説は、中学受験準備時期の小学校中高学年の子どもが、本を楽しく読む習慣をつけるのにちょうど良いのです。

中学受験にむけて、子どもの読解力をアップさせたい方へ、どうすれば本好きになるか、星新一の本がどんな風に効果的なのかについてご紹介します!

目次

中学受験の国語読解力をアップさせるには?

家庭で本を読む雰囲気を作ってあげよう

小学校高学年にもなると読解力や思考力に差が出てきます。

本好きな子って、やはり環境が大きいと思います。

国語力に差がでる理由をちょっと考えてみると・・・

  • 普段から読書している?
    • 文字情報が好き?
    • どんな本を読んでいる?ライトノベル?雑誌?図鑑?小説?
    • 家に本がたくさんある?
    • 親も本を読んでいる?
  • 周りに日々ものを考える環境がある?
    • どんな家庭環境?
    • 親とどんな会話をしている?
    • 会話のなかに本のことが入っている?

シトリン自身、こういったことにできるだけ意識して子育てしてきました。そのおかげか子どもたちはみんな本が好きですし、中学受験でも国語が得点源でした♪

なので子どものころからの読書で国語力に大きな差がつくと思っています。

しかも子どもの読書は人格形成にも重要だというデータがでています!

文部科学省「子供の読書活動に関する現状と論点」より

とまあ、親が子どものために読書環境をととのえることがとっても大切だと分かります。

読書できるように家の環境を整えるヒント

国語の読解力をあげるには、子どもが「本好き」になってくれて、勝手にいろいろ読んでくれるようになるのが第一歩!

親はさりげなく本を紹介したり、買っておいたり、一緒に書店にいったりすればよいわけです。

具体的にシトリンがやっているのはこんなことです。

  • 家のなかのあちこちに小さい本棚を置く
  • テレビ台の横に大きめの本棚を置く
  • シトリン自身が読んでいる本を子どもの目につく場所に置く

日常生活のなかでできるだけ本が子どもの目につくように設定しています。気が向いたら子どもは本を手にとりますし、テレビを見ても本が気になるようです。私の本も定期的に変わりますので、「ママ、今、読んでいる『ホモサピエンス全史』って面白い?」といった質問が来ます!

ユヴァル・ノア・ハラリの『ホモサピエンス全史』は大作ですが、中学受験の国語入試問題でも出題されました!

星新一って?

どういった本をさりげなく紹介すればいいのかしら・・・と迷ったら、星新一をおススメします!

そもそも大人向けのSF小説ですので親がまず読んで楽しみましょう~。そして子どもにさりげなくすすめてみるわけです!

SFって宇宙の話?

宇宙の話ももちろんあるのよ。
SFって「サイエンス・フィクション」、つまり「科学的な空想小説」という意味。タイムスリップの話とか多いかな。

星新一の生涯

星新一の娘の星マリナさんによる公式ウェブサイトがあります。英語ページもあって、英語にも翻訳されて国際的にも評価が高いと分かります。

1926年(大正15年)に東京の星製薬の創業者の家に生まれます。おじいさんは東大名誉教授(人類学)、おばあさんは森鴎外の妹さんだそうです!すごい血筋です・・・。科学と人文学と文学の結晶が星新一の文学世界をつくったのですね。

星新一も東京大学を出て、星製薬の取締役社長になります。ですが会社は経営が悪化し、他の人に譲ります。この時、ずいぶん苦労されたようです。

そしてSF小説と出会い、作家デビューとなります。その後は、数多くの作品を出版し、テレビドラマ化もされてきました。

星新一の作品

私も子どものころ大好きでたくさん読みました。実はその頃の本がまだ残っていて、子どもも最初はこれを読みました。

汚れもあって古びていますが懐かしい!

子どもたちともシトリンが読んだ時の印象を話すことができて、とてもよい機会でした。

子どもたちはさらに自分で選んで、星新一の世界にはまっていきました。例えばこちらは、産業スパイやらテレポーテーションやら、SFの世界が展開されます。でも実は人間の心の内面を描いています。

星新一の魅力

星新一の魅力ってなんでしょうか。

一作品が短いショートショートが多いのですぐに読めます。

ですがハラハラドキドキしますし、読後は考えさせられます。「どうしてこういう展開になったのだろう」「どうしてこの人はこういったのだろう」などなど。

考えさせられるので、思考力が深まります!

想像力も鍛えられます。SF小説ですので、突拍子もない設定ばかりです!

こちらはマイホームをマイ国家として独立宣言した男の話・・・。

あとは、文庫本を読むことに慣れるよいきっかけになると思います。

中学受験の国語対策にむけて本の選び方

塾の機関紙で紹介される本

例えば、四谷大塚なら『Dream Nabi』、SAPIXなら『さぴあ』、日能研なら『進学レーダー』なんかでたくさんの良書が紹介されています。実際に過去の入試問題で出た本のリストもあったりしますね。(ウェブ上にもいろいろあります。よくまとまっている「中学受験2020国語出典一覧作ってみた」が参考になります!)

片っ端から読んだらどう!?

よほどの読書家でないとね・・・。

親子で一緒に選べるといいですね。月に1冊、塾でおススメの本を読む、などと決めるとどうでしょうか?

受験対策用に練り込まれた選書ですし、うまくいくと本番の試験で出てくるかもしれません!

実際に問題に出てきて読んだ本

この方法は親子の会話をふくらませるチャンスです! 塾や模試から帰ってきたら、子どもに「国語はどんな文章がでたの?」とさりげなく聞いたり、問題をちらっと見たりします。

子どもが「***っていう話でおもしろかったよ」と言えば、「じゃあ本を買ってみる?」ともっていけます。

私も子どものころ、このパターンで本を買ってもらったことがありますし、自分の子どもにも買ったことが何度もあります。

例えば内田樹さんの著作。中学受験の国語入試でよく出されますね。

むつかしそうだけどねえ・・・。

シトリンの国語論説文おススメ3つ!

国語の論説文問題に慣れるために、シトリンが独断でおススメするのはこの3冊です。

青木保

青木保さんの『異文化理解』。国際的なことに関心がありそうな子なら、難しいけど手にとってみるとよいかもしれません。

辻信一

スローライフを提唱している辻信一さんの『弱虫でいいんだよ』。子どもの自己肯定感を高めるのに良い本です。

齋藤孝

齋藤孝さんについてはシトリンも関心が強いです。呼吸法についての本も書かれていて、こちらで解説しています。

教育学者の齋藤孝さんの『読書力』を読むことで、子どもも読書の意義を知ってますます読書家になる・・・かもしれません。

シトリンの国語物語文おススメ3つ!

国語の物語文問題に慣れるために、シトリンが自分の好みで(笑)おススメするのはこの3冊です。

井上靖

井上靖の『しろばんば』。子どもの心情を細やかに描く、中学受験的にも鉄板な小説ですが、大人が読んでもなつかしくなって楽しめます。

重松清

あとは中学受験の国語と言えば重松清さんではないでしょうか?

シトリンの子たちも、受験とは関係なく、同世代の心を描く小説として楽しんでたくさん読んでいました。例えば『きよしこ』は壊れた家族や小学校の先生との関係について東日本大震災の少し後の時代のなかで描いています。中学受験前の子どもたちは感情移入しやすいと思います。

西加奈子

西加奈子さんも子どもの心をリアルに描く作家さんです。最近の特徴でしょうか、海外在住経験のある子どもが小説に登場するようになっていますね。そういう子はより研ぎ澄まされた感覚で家族や社会を見ています。

サラバ! 上 /小学館/西加奈子posted with カエレバ楽天市場で購入Amazonで購入Yahooショッピングで購入

まとめ|親も楽しんだ本をさりげなく子どもにすすめる

中学受験の国語対策だとかた苦しく思わない方がよいかもしれません。読書が子どもの活動の一つになってくれると、受験だけではなくその後の人生にとって大きなプラスです。

子どもに本を読むのも楽しいと思ってもらえるには、親も本を読んで楽しんでいることをさりげなく伝えましょう。

親子の会話もはずみ、子どもの思考力や読解力も深まります。いいことだらけですよね!

🌟シトリン🌟でした。では、また~。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人って?

🌟シトリン🌟です 
大学教員&ワーママです。ロンドンの大学で修士号。
家族での海外赴任のとき親子で一緒に英語を学ぶ大切さを実感しました。
親子のつながりが深まり、お互いの英語力と日本語力もアップします。
ここでは私の経験や情報をお伝えしていきます!
子どものなかにはインターナショナルスクールの経験者もいます(中3で英検準一級)。日本でもしっかり小中大受験に邁進中。
英語と国語ができれば他の教科に時間をまわせて受験がラクになりますよ

お役に立てばうれしいです。どうぞよろしくお願いいたします。

目次
閉じる