上橋菜穂子作品で中学受験国語力アップ|親子で楽しめるファンタジー・ワールドへ

こんにちは、🌟シトリン🌟です。

中学入試準備中の子どもの国語力がいまひとつだと心配ですよね。シトリンの子どもたちも中学受験しました。

やはり普段から読書を楽しむ習慣が必須です!

国語の読解はすぐに結果がでにくいので、親も子も悩ましいところです。

でも読書習慣がじわじわ浸透すれば、国語の問題に出てくる文章を読むときに、落ち着いて、よりしっかりと理解できるはずです。

しっかり落ち着いて国語問題の文章を理解できるように!

ここでは中学入試の国語問題でよく使われる作品をご紹介して、親子での勉強のコツをお知らせします。

ファンタジー作家の上橋菜穂子さんの作品は大人も子どもも楽しめますので、一緒に国語力アップを目指しましょう!

シトリン家にも箱入りの上橋菜穂子「守り人」セットがあります!
目次

上橋菜穂子さんって?|国際的評価も高い!

ファンタジー作家

1962年東京生まれのファンタジー児童文学作家です。

お父さまは洋画家でいらしたとのこと。

お祖母さまやご両親からたくさんの民話を聞いて育ちました。

やはり家庭でのお話が大切ってことですね!

中学生のころから海外のファンタジー小説を読んでいました。高校生のころ、旺文社の文芸コンクールで佳作に入選。

大学の先生で研究調査も

上橋さんはファンタジー小説の世界とともに、高校生のころから先住民の生活にも深い関心をもっていました。

アメリカの先住民やオーストラリアのアボリジニです。

そこで大学院に進み、アボリジニの研究を行います。オーストラリアでフィールドワークもしていたそうです。

子どものころから幅広い関心をもっていたんだね!

作家デビューとアンデルセン賞受賞

1989年『精霊の木』で児童文学作家としてデビューします。

評価も高く、1992年に日本児童文学者協会新人賞を受賞します。

1996年には『精霊の守り人』を発表します。これはシリーズ化してたくさんの賞を受賞したうえに、英語訳も出ました。

2014年には国際アンデルセン賞を受賞。「小さなノーベル賞」とまで呼ばれる、児童文学作家にとって最高に権威のある賞です。

本当に国内外で大活躍されてきました。

多くの作品が映像化

テレビアニメ

テレビアニメにもなりました。

「精霊の守り人」が2007年に、「獣の奏者エリン」が2009年に、どちらもNKHです。

テレビドラマ

「精霊の守り人」がNHK総合テレビで、2016年から 2018年にかけて放映されました。

主演はあの綾瀬はるかさん!短槍を使う女用心棒バルサ役です。

綾瀬さんはこのドラマのためにずいぶん体を鍛えられたとか。アクションシーンも楽しめる作品です。

アニメ映画

アニメ映画としては、『鹿の王』を原作とした「ユナと約束の旅」(2021年)があります。

ジブリの「もののけ姫」の制作者によるものです。

上橋菜穂子作品と中学校入試問題

このように上橋菜穂子作品は大人も子どもも、日本人もそうでなくても楽しめる、壮大なファンタジー小説です。

しかも中学受験の国語問題にもしばしば登場しています!

子どもが読書の習慣を楽しく身につけるのにちょうどよい作品だと思います。

いったいどこの学校の入試問題で、どの本が使われてきたのでしょうか?

『物語ること、生きること』

入試で出題されるのはファンタジー小説ではなく、こちら『物語ること、生きること』が多いです。

この本では、上橋菜穂子さんがご自分の半生や作家活動についてインタビューに答えています。

読みやすいですが、奥が深い内容です。

例えばこちらの学校の入試問題となりました。(日能研読書ガイドより)

  • 桜蔭中学校 (2014年)
  •  神奈川学園中学校 (2015年)
  •  川村中学校 (2015年)
  •  光塩女子学院中等科 (2018年)
  •  香蘭女学校中等科 (2015年)
  •  修道中学校 (2015年)
  •  東京女学館中学校 (2017年)
  •  灘中学校 (2017年)
  •  聖園女学院中学校 (2016年)

最難関の桜蔭や灘でも出題されていて、すごいですね。

ちなみに香蘭女学校は上橋菜穂子さんの出身校!

上橋作品のなかでも『物語ること、生きること』はおススメです。上橋さんご自身の人生が語られているので、大人もよみごたえあります。

この本をきっかけにして、上橋作品を読み進めるという方法もアリですね。

『鹿の王』

入試問題ではありませんが、大妻多摩中学高校の校長先生が、ご自分のブログで『鹿の王』をご紹介されています。

学校関係者から、上橋作品への評価が高いことが良く分かります。

子どもの成長にとって大切なことが、上橋作品に込められているからだと思います。

だから中学入試でもよく出題されるのですね!

まとめ|さらに中学受験国語力アップのためにできること

親も一緒に見る・読む

まずは親子で一緒にアニメや映画を見るのはどうでしょう。

そこで上橋世界に親近感をもてそうなら、本に進みます。親も読んで、子どもとさりげなく話題にするとよいですね。子どもも大人の視点からの読み方を感じることができるはず。

Z会の国語(中学受験)|さらに子どもを国語好きにするために

さらに子どもを国語好きにするために、何か教材はないかしらと思ったあなた!

Z会の中学受験教材をおススメします。Z会は難しいと言われていますが、それは問題が良質だからです。国語の文章も中学受験向けに厳選されています。

詳しくはこちらを~。無料での資料請求から始めるとよいかもしれません。

🌟シトリン🌟でした。ではまた~。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人って?

🌟シトリン🌟です 
大学教員&ワーママです。ロンドンの大学で修士号。
家族での海外赴任のとき親子で一緒に英語を学ぶ大切さを実感しました。
親子のつながりが深まり、お互いの英語力と日本語力もアップします。
ここでは私の経験や情報をお伝えしていきます!
子どものなかにはインターナショナルスクールの経験者もいます(中3で英検準一級)。日本でもしっかり小中大受験に邁進中。
英語と国語ができれば他の教科に時間をまわせて受験がラクになりますよ

お役に立てばうれしいです。どうぞよろしくお願いいたします。

目次
閉じる